スポンサーリンク

セカオワのドラゴンナイトで英語を勉強してみよう3

前回まで
SEKAI NO OWARIのDragon Night(ドラゴンナイト)英語歌詞を翻訳してみた1
SEKAI NO OWARIのDragon Night(ドラゴンナイト)英語歌詞を翻訳してみた2
のお話をしました。

今回はその3回目、続きを紹介します。

スポンサーリンク

まずは英語歌詞のPVを確認してみよう

まずはDragon Night(ドラゴンナイト)
英語歌詞の確認をしましょう。

SEKAI NO OWARI関連作品はこちら

SEKAI NO OWARI関連作品はこちら

Amazonで販売しているセカオワ作品一覧がこちらで確認出来ます

YouTubeは歌詞も表示してくれるからいいよね♪

今回は“Everybody has their~”から!!

今回の英文はDragon Night(ドラゴンナイト)

Everybody has their own version what’s just
Maybe war is something that is natural for us

について考えてみましょう。

日本語歌詞だと
人はそれぞれ「正義」があって、争い合うのは仕方ないのかも知れない
の部分ですね。

ウェブ翻訳で翻訳してみよう!!

Google翻訳で翻訳したらどうなるのでしょう?


1.Google翻訳


「ただ何誰もが独自のバージョンを持っています
たぶん戦争は私たちのために自然であるものです」

だそうです。

何となく意味はわかりますね。

 

次にエキサイト翻訳では?


2.エキサイト翻訳


「誰もが、まさに何であるかの彼ら自身のバージョンを持っている
たぶん、戦争は私達のために自然な何かである」

今回はGoogle翻訳もエキサイト翻訳も似た感じの翻訳です(´・ω・)/

 

Yahoo!翻訳では?


3.yahoo翻訳


「誰でも、彼ら自身のバージョンを持っています何が当然ですか
多分、戦争は、我々にとって当然である何かであるでしょう」

今回はどの翻訳もなんとなく意味が通じますね(; ・`д・´)

 

weblio翻訳では?


4.weblio翻訳


「誰でも彼ら自身のバージョンを持っています。
そして、ちょうどMaybe戦争であることは我々にとって当然である何かです。」

他の翻訳と違い、“what’s just”の部分が後半の文章になっていますね。

 

Infoseekマルチ翻訳では?


5.Infoseek翻訳


「誰でも、彼ら自身のバージョンを持っていますちょうど多分戦争であるだろうことが、
我々にとって当然である何かです

意味は他の翻訳と変わりませんが、
Infoseek翻訳は1つの文章として翻訳されました(´∀`)/

 

Fresheye翻訳は?


6.Fresheye翻訳


「誰でも自分のバージョンを持っています、
ちょうど恐らく戦争であるものは私たちにとって自然なものです。」

今回はFresheye翻訳が一番日本語に近い形に見えますよね?

 

日本語歌詞は
人はそれぞれ「正義」があって、争い合うのは仕方ないのかも知れない
です。

私なりの翻訳

では私(英語力皆無な人間)なりの翻訳をしてみましょう。

Everybody has their own version what’s just
Maybe war is something that is natural for us

 

今回はどれも意味が同じ感じで翻訳されましたが、
Fresheye翻訳の

「誰でも自分のバージョンを持っています、
ちょうど恐らく戦争であるものは私たちにとって自然なものです。」

が何となく意味が通っている感じがします。

 

正直英語力皆無の私には“their”の意味がわかりませんヽ(;´Д`)ノ

“there”と何が違うのか?
“them”とか何か関係あるのかな?

という事で調べましたが、

「それら」とか「彼ら」という意味があるようです。

 

“own”の意味は
「自分自身の物」かな?

“what’s just”
「当然」とか「正当」っていう意味があるそうです。

知らなかった・・・(; ・`д・´)

「ただそれは・・・」みたいな意味かと思っていました。

さて、後半の
Maybe war is something that is natural for us
の部分ですが、

これ、
“war is natural for us”
じゃダメなのかな?と思ったんですが、

日本語バージョンの「仕方ないかもしれない」を表現するためには

“Maybe”や“something that”
を付けないといけないんですね。

“something that”を付ける事で
「往々にしてそうゆうものだ」
という意味になるようです。

例えば、
Maybe PC is something that is fun everytime.
なら
おそらくパソコンはいつも楽しみになっちゃうような物なのだろう。
みたいな?

あっているかな?(*´∀`*)

はい!ちょっと整理!!

私なりに整理した翻訳は、
全ての人達は自分自身にとっての“正当”を持っている。
たぶん、戦争は私たちにとって自然な事なのだろう。

というもの。

内容的には日本語歌詞の
人はそれぞれ「正義」があって、争い合うのは仕方ないのかも知れない
とほぼ同じ意味ですよね?

こうした方が良い!なんて部分があれば!

今日の翻訳

Everybody has their own version what’s just
Maybe war is something that is natural for us

全ての人達は自分自身にとっての“正当”を持っている。
たぶん、戦争は私たちにとって自然な事なのだろう。

違うと思うな~こうした方が良いと思うな~
という部分があればコメントをよろしくお願いします。

参考にさせていただきますので♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す